脱毛症の薬

 

脱毛症の薬

薄毛と脱毛症は違うのですが、良く話題になる事なのでちょっと載せておきますね。

 

脱毛症の薬というと、ステロイド系のものがよく処方されます。ステロイド薬は、円形脱毛症に対して、免疫抑制作用に効く働きがあります。
円形脱毛症の原因が自己免疫疾患という観点から捉え、免疫を毛母細胞などに向けて攻撃することで脱毛を阻止します。

 

脱毛症の薬には、副腎皮質ホルモン剤のような抗炎症作用のものや、殺菌作用のもの、ヘアローションなど色々あります。
発毛促進剤、脱毛を抑制する内服剤なども、脱毛症の薬としてよく使用します。但し、脱毛症については、解決法が研究段階なので、まだ特効薬がありません。

 

そのため、脱毛症になったら、薬の服用と同時に、普段の生活改善も行なって行かなくてはなりません。
ストレスを軽減して行く必要があり、内臓の働きを良くすることも大事です。とにかく体全体の血行を良くしていくことが重要です。

 

脱毛症専用の薬には、外用薬と内服薬があるので、それぞれの特性を活かしながら、かつ、各々の脱毛症の症状を見極めながら使用していかなくてはなりません。

 

脱毛症の薬の効き目は、使用開始時期や塗布の回数により変わり、個人差があるので、じっくり取り組んで行かなくてはなりません。

 

 

 

 

 

 

 

スマホでもどうぞ!

トップへ戻る